煮魚が目の前に出された。向かいに座った男が『魚をキレイに食べられる?魚の食べ方で育ちがわかるんだよ』と言って箸で魚の身をほぐしていく。片身を食べ終えた辺りで箸と反対の左手を使って魚の背をチュッチュッと吸って身をはずす。うつ向きながら魚をむさぼる男は、みるみるうちに黒サビ猫に化けていった。そして、キレイに魚を食べ終えたと言わんばかりにこちらをジッと見つめてから物凄い勢いで屋根を飛び越えて行った。

LINEで送る