温熱作用によるもの

≪お風呂に入ると温まって疲れがとれます。≫

お湯に浸かると身体が温まります。これが温熱作用です。
温熱作用の効果は皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。

それにより体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれ疲れが取れます。
また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらきます。
そして、入浴で細胞が活性化し、免疫力アップも期待できます。
お客さんの中で腰痛、肩こりで疲れがとれないと言われる方に『毎日、入浴されていますか?』と訪ねると『時間がないから、疲れているから』と言う理由でシャワーで済ませていらっしゃる方が非常に多いです。
血行促進のためにも疲れているからこそ、時間をとって入浴をお勧めいたします。

温まって疲れがとれる

LINEで送る